オーラルケアグッズを日常的に使うようにすれば、いつも綺麗で健康な歯に

おすすめのオーラルケアグッズを3点紹介します。

 

まず1つ目は、爪楊枝です。爪楊枝は木で作られているもので細長くて小さな棒状のもので、歯と歯の間に溜まっている歯垢を取ることが出来ます。オーラルケアグッズの中で1番爪楊枝が安価で使いやすいと思いますし、飲食店のテーブルの上に爪楊枝が置かれているので、便利で良いオーラルケアグッズだと思います。爪楊枝は木で作られているので、ナイロンでプラスチックで出来ているオーラルケアグッズよりも安全ですし、環境にも優しいので良いオーラルケアグッズだと思います。外出する時にバッグの中に小さい小袋に爪楊枝を入れたものを持ち歩くと良いです。そうすれば、飲食店に食事に行った際にテーブルの上に爪楊枝が置かれていない時があっても困ることが無いです。

 

 

そして2つ目は、糸ようじです。糸ようじの糸の部分はナイロンで出来ていて、柄の部分はポリスチレンで出来ています。糸ようじは糸の部分を歯と歯の間に入れて、歯と歯の間に溜まっている歯垢を落とすものです。歯ブラシを使って歯磨きをした後に糸ようじを使えば、全体の歯の汚れを綺麗に取ることが出来ます。糸ようじは歯ブラシでは取り切れない歯と歯の間に溜まっている歯垢を落とすことが出来ます。でも糸ようじは糸の部分がナイロンで出来ているので、歯と歯の間の汚れをしっかりと取ろうとして、糸ようじを強く動かしすぎてしまうと歯茎を傷めてしまうので、使う時は気を付けたほうが良いです。そして3つ目は、デンタルフロスです。デンタルフロスは紙で出来ているものやナイロンで出来ているものなど色々あります。

 

 

デンタルフロスも糸ようじと同じように、歯と歯の間に入れて歯と歯の間に溜まっている歯垢を落とすものです。デンタルフロスも糸ようじと同じように歯ブラシを使って歯磨きをした後に使うと、全体の歯の汚れを綺麗に取ることが出来ます。デンタルフロスは歯ブラシでは取り切れない歯と歯の間に溜まっている歯垢を落とすことが出来ます。このように今回紹介したオーラルケアグッズを日常的に使うようにすれば、いつも綺麗で健康な歯を保つことが出来ます。