オーラルケアの前に知っておきたい口臭や歯の黄ばみの原因

オーラルケアをする前になぜオーラルケアが必要なのかが重要です。そこで今回はオーラルケアの前に知っておきたい口臭と歯の黄ばみの原因を紹介します。

 

口臭の原因

 

胃腸の不調
暴飲暴食などにより胃腸の調子が悪いことで口臭が引き起こされるケースがあります。

 

ストレス
ストレスを感じると、唾液があまり分泌されなくなってしまいます。そうすることで口の中で細菌が繁殖しやすい状況になり、口臭の発生に繋がってしまいます。

 

アルコール
アルコールは口の臭いの原因となります。アルコールを摂取すると口内が乾燥し、細菌が繁殖しやすくなる可能性があります。

 

水分不足
体内の水分が不足すると唾液の分泌が減ります。よって口の中で細菌が繁殖しやすい環境になり、口臭の原因に繋がってしまいます。

 

歯磨き不足
歯磨きをすることが不足すると口内で細菌が繁殖しやすくなります。特に口に残った食べカスなどが「舌苔」という舌の付着物になって口臭を引き起こしているケースもあるようです。

 

歯周病
細菌が歯周ポケットと言われる部分にたまって炎症を引き起こしてしまうことを歯周病と言います。歯周病になると口の中にガスが発生して、これが口臭の原因となる場合があります。

 

ホルモン
過度なダイエットや睡眠不足がホルモンバランスを壊し口臭の原因になっていることがあります。

 

 

黄ばみの原因

 

タバコ
タバコのヤニも歯を黄ばませる原因です。タバコのヤニは歯磨きでは落としにくいためです。

 

年齢
肌が衰えるのと同様に歯も歳を重ねるごとによって黄ばみが進行してしまいます。

 

 

飲食物による着色
コーヒー、紅茶、赤ワインといった色の濃い飲み物を習慣的に飲むことで歯に色が残ってしまうことがあります。また、他にもブルーベリー、カレーなども歯に着色しやすい食べ物だと言われています。

 

これらに口臭や歯の黄ばみの原因が理解できたかと思います。オーラルケアと共にこれらのことを頭に入れてながら生活していくことでよりオーラルケアの効果があり、より健康な状態を保つことができるようになります。